通信講座で難しい簿記2級を独学合格~試験合格hのsupport~

女性

最難関の試験

日商簿記1級の魅力

学生

簿記検定試験といえば日本商工会議所が主催する検定試験がもっとも有名です。簿記検定試験は4級から実施されていますが、1級は最難関の試験で合格率もかなり低く、これに合格するには1年程度の受験勉強が必要とも言われています。 そんな難関資格である日商簿記1級ですが、毎年、非常に受験者が多いことでも知られています。しかし、なぜ受験者が多いのか。それは日商簿記1級を持っていると難関であるがため非常に本人の能力が高く評価されるからです。特に特筆すべきは日商簿記1級に合格すると税理士試験の受験資格がもらえる点です。 つまり、大学で会計学等を学んだ人以外の人が税理士を目指す場合、まずは日商簿記1級をとる必要があるのです。

独学での勉強方法

日商簿記1級は非常に難関なため、一般的な勉強方法としては専門学校に通うケースが多いようです。専門学校では合格するために出題傾向を調べて受験対策をしてくれますので非常に効果的なのです。 しかし、一般的に専門学校は受講料が高額です。そのため通信教育などを利用する方法も多いようです。 また、独学で日商簿記1級を目指すケースもあるようです。独学の場合は教えてくれる人がいないので、テキストや問題集選びが重要になってきます。最近では専門学校で使用されているテキストが一般書籍として販売されていますので、独学ならばこのようなテキストで勉強すると良いでしょう。 ただし、独学にはデメリットもあります。特によほど強い信念を持っていないと勉強が続かないのです。

Copyright (c) 2015 通信講座で難しい簿記2級を独学合格~試験合格hのsupport~ All rights reserved.